労働者側労働事件/入管事件(在留資格=ビザに関するトラブル)といえば 残業代請求 不当解雇 労働事件

ご依頼者様からの声~解雇事件での勝訴的和解~

ご依頼者様からメッセージをいただきました

私は大学卒業後、新卒である公益性の高い法人に就職しました。

勤務開始から半年が経過した頃、突然上司から試用期間の延長を告げられました。理由を尋ねても、上司や人事から回答は曖昧かつ不明瞭で、到底納得しがたいものでした。

当時は非常に動揺しました。直属の上司からは「そんなに深刻に考えなくていい。一緒に頑張りましょうね。」、とそんな風に言われたため、ひとまず受け入れました。同時期に体調を崩し、しばらくして勤務を続行できないほどの状態になりました。そして、病気療養中に解雇されました。

その後、幸いにも体調は回復しました。理不尽に職を奪われた中、相談に行ったのが暁法律事務所の中井先生でした。当初は相手方の強硬な姿勢もあり、訴訟の長期化が予想されていましたが、急転直下、勝訴的和解となりました。その和解に至るまで、中井先生は丁寧・真摯に訴訟に取り組んでくださいました。またどんな状況でも、先生は常に自分に寄り添ってくださいました。何とお礼を言っていいか分かりません。心から感謝申し上げます。

自分のように、解雇理由に納得できない、不当解雇なんじゃないかと、少しでも心当たりがある場合は、泣き寝入りする前に、証拠資料を携えて、早く相談に行くことをおすすめします。

中井先生の今後のご活躍を心から願っております。

 

不当解雇やリストラされた方、退職勧奨・退職強要されている方へ

不当解雇

最新記事

  • ご依頼者様からメッセージをいただきました 私は大学卒業後、新卒である公益性の高い法人に就職しました。 勤務開始から半年が経過した頃、突然上司から試用期間の延長を告げられました。理由を尋ねても、上司や人事からの回答は曖昧か …

    ご依頼者様からの声~解雇事件での勝訴的和解~

  • 2020年に勝訴的和解した大阪入管トルコ人暴行骨折事件について、東京弁護士会LIBRA2022年4月号に執筆記事が掲載されました。 特集 入管収容問題─知らないでは済まされない,入管収容下の人権侵害─ 1 入管収容の問題 …

    【執筆】東京弁護士会LIBRA4月号

  • 給料・残業代請求を交渉・示談で当職に依頼された60代男性の依頼者様より、感謝の声を頂きました。 相談前 大阪府内のタクシー会社に勤めていたタクシードライバーの依頼主様は、毎月渡される給与明細の中身についてずっと疑問を抱い …

    解決事例と感謝の声のご紹介~未払残業代(タクシードライバー)について裁判前の交渉で和解成立~