提訴 未払残業代の集団訴訟(29名・総額約7000万円)

ヒガシトゥエンティワン労働組合の組合員のうち、
29名が総額約7000万円の未払割増賃金の支払いを求めて提訴しました。

テレビ大阪 2019年10月28日(月)20:08
大阪の運輸会社 残業代未払いで提訴
https://www.tv-osaka.co.jp/yasashii/news/?p=9465
総額7000万円にのぼる未払いの給与を求め集団提訴です。
訴えを起こしたのは大阪・中央区の運輸会社ヒガシトゥエンティワンで運転手として働く29人です。
運転手らは会社に対し未払いの残業代およそ7000万円の支払いを求めています。
この会社は時間外手当や深夜手当について
「運行時間外手当」という歩合給を上回った場合にのみ支払うという規定を設けています。
しかし時間外手当などが歩合給を上回ることはなく
実質は残業代ゼロの状態が続いていたということです。